当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

いますぐお電話する

流山市の運河駅から徒歩9分の流山東深井接骨院

流山市の運河駅から徒歩9分の流山東深井接骨院

足関節捻挫

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル

  1. 膝が痛い

    皆さんこんにちは流山東深井接骨院です。今回は「足関節捻挫」について書きますね。皆さんは普段生活している中でこんなお悩みはございませんか?
    足を内側に捻ると痛む。足を外側に捻ると痛む。足を捻った後に立てなくなるがしばらくすると立てる様になる。足を捻った数日後に内出血が出た。運動をした時に足を捻りやすくなった。等々今挙げたものは足関節捻挫の代表的な症状です。ただ捻っただけだと思っていたこともよく調べると靭帯損傷をしているのかもしれません。

  2. 足関節捻挫に対する当院の考え

    膝が痛い

    足関節捻挫は誰にでも起こり得る捻挫です。多くはスポーツをしている人が多いですが、日常生活でも階段の踏み外しや段差につまづいた時など起こり得る状況はたくさんあります。そんな足関節捻挫はしっかりとケアをしないとその後癖になり頻繁に捻挫をしてしまう様になってしまいます。なので捻ってしまった時は接骨院や整形外科などでしっかりと診てもらう事をお勧めします。電気や固定をすると何もしないより治りが早い場合が多いです。捻挫は捻った程度にもよりますが、筋肉の捻挫とともに靭帯損傷も起こっている事が多いです。靭帯損傷分類Ⅲ度になると完全断裂と言って歩くのが難しくなります。なので甘くみず受診する事をお勧めします。

  3. 足関節捻挫を放っておくとどうなるのか

    膝の痛み

    足関節捻挫を放っておくとあまりいいことはありません。先述した様に、足関節捻挫はしっかりと処置をしないと癖になってしまい捻挫をしやすくなってしまいます。なぜならば捻挫とともに靭帯損傷をしている場合が多く、靭帯は血流が乏しく自己再生しにくい部位になります。なので待っていても治るのは厳しいです。それは完全断裂した場合で、靭帯には損傷分類があります。Ⅰ度は微小損傷、Ⅱ度は部分断裂、Ⅲ度は完全断裂と分類できます。Ⅰ度、Ⅱ度ならまで靭帯は付いているので靭帯や周りの筋肉を強化するなどの施術で改善はできますが、Ⅲ度になると完全に断裂してしまっている為修復するのは観血療法でないと無理です。

  4. 足関節捻挫の改善方法

    膝の痛み

    足関節捻挫の改善方法はたくさんあります。まずなってしまったらR I C E処置という処置をします。捻挫した時は筋肉、靭帯に炎症が起きている為、熱感や腫脹が現れます。その時にしっかりと冷やし、しっかりと圧迫して、高所に挙げておくことが大切です。固定は損傷の程度によって変わりますが、部分断裂では約3週間、完全断裂では約6週間の固定が必要と言われています。急性症状が消失したら、物理療法や手技療法を用いて施術する事ができます。足部の場合は早期に運動療法を始めないと関節拘縮を起こしてしまう場合がある為、足の背屈や屈曲運動を積極的に行なっていきます。

  5. 足関節捻挫の改善に効果的な当院の施術メニューは?

    明るい挨拶

    足関節捻挫に対する当院の効果的な施術メニューは、急性期の時は指圧で硬くなってしまった足関節周りの筋肉を柔らかくするのと、テーピングなどで足関節の動揺性を和らげる事ができます。また急性期には電気も有効です。電気を流す事で指圧では届かないところまで刺激がいき、修復を促進させてくれます。また鍼も急性期の炎症がある時に行う事で筋肉の炎症を抑えることもできます。急性期が過ぎた後は矯正治療で足関節のアライメントを整える事ができます。アライメントを整える事で足関節の前方偏位などを改善する事ができます。なので一度受けてみて下さい

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    先述した施術を受けると先述した様に急性期の場合は炎症を抑える事が何もしていない時に比べ格段に早く抑える事ができます。そうする事で予後早く患部の回復が見込めます。足関節のアライメントを整える事で足関節の不安定性の改善をする事ができます。捻挫をする事で足の靭帯が緩みそのまま放置しておくと不安定性が増してしまいます。なのでしっかりと整える事で捻挫のしにくさに繋がります。逆に足の関節が緩い人はしっかりと捻挫した時に施術をしなかった証拠になってしまうので、一流のスポーツ選手などはしっかりとケアをしています。なので皆さんも捻挫してしまった時はしっかりと瀬樹tを受けましょう。

  7. 改善するための治療頻度はどのくらいか

    明るい挨拶

    改善する為に必要な施術頻度は最初のうちはそこまで間を開けずに施術する事を推奨します。最初は炎症期と言って炎症が続く時期があります。ここでしっかりと施術が出来ればその後の症状が軽減する場合が多いです。なので最初の週は痛みがあるうちは毎日でも施術してあげれると日常生活で負った支障もその日のうちにケアする事ができるからです。

▲ページの先頭へ戻る

流山東深井接骨院のご案内

【住所】〒270-0101 千葉県流山市東深井103−1 【電話】TEL:04-7197-3002

流山東深井接骨院景観
受付時間 土・日・祝
9:30 ~ 12:30 8:30 ~12:30
15:00 ~ 21:00 15:00 ~ 17:30

年中無休で営業 ※年末年始を除きます

東武アーバンパークライン(東武野田線)運河駅から徒歩9分。

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

駐車場をご利用いただけます。
院の前に駐車場12台あります。

美原・江戸川台・こうのす台・西深井・野田など広い地域の方にお越しいただいております。


お気軽にお問い合わせください

▲ページの先頭へ戻る